介護のために住宅をバリアフリーにリフォームする!

インフォ

記事リスト

心のバリアフリーを持つ

外観

介護は高齢になれば誰しもが必要です。支援者も要支援者も区別なく、共に生活をしていくことが大事です。福祉に関する専門家が一般の方が大変だと思っている介護という分野を職業に出来るのは、心のバリアフリーを持っているからです。

詳細を読む

みんなが快適な環境

親子

そもそもバリアフリーとは日常生活を送る上で精神的障害・物理的障害を取り除くという意味を持ちます。現在はこの名前を聞くことが多くなり、実際に街中でも目にすることは多くなっています。この制度が増えることによって高齢者・障害者・けがをしている人・小さい子供が快適に生活を送ることができ、人にやさしい町を作ることができるようになります。バリアフリーにリフォームするで全ての人が暮らしやすくなります。

バリアフリーと聞いて道路や建物の段差をなくすことを思いつく人が多いのではないでしょうか。しかし、私たちの身近にはもっと多く存在します。例えば障害者にとってドアを開いたりするのは困難ですが、自動ドアにすることによって簡単に通ることができます。トイレも障害者用のトイレがあったり、子供用の小さいトイレがあるところも増えています。そして、風呂場の浴室に手すりをつけることもあります。足腰の弱い人は滑りやすい場所は手すりがないと危険です。

私たちが生活していくうえでバリアフリーにリフォームすることは必要不可欠なものになっています。普段の生活の中にあるといわれている7つのバリアをを取り除くことは、一緒に生活をする全ての人にとって重要で、よりよい生活を送ることにもつながっています。前述で述べたように一人ひとりの意識が変わること、で日常生活を送ることが困難な人が住みやすい町になります。

リフォームで注意すべき点

一軒家

住宅は大きな消耗品です。そのため、時間が経過すると劣化して消耗知りフォームが必要になります。リフォームすると新築同様になるでしょう。また、高齢者のことを考慮してバリアフリーにリフォームする人が増えています。

詳細を読む

怪我を防げる

室内

自宅をバリアフリーにリフォームする際は手すりを取り付けましょう。手すりを取り付けることで怪我の防止にもなります。手すりの取り付けにかかる費用も高くはないので、バリアフリーには手すりを活用しましょう。

詳細を読む